ノルカフェの備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0909~10_三斗小屋温泉

 当初の計画は,グレートマザーと秋田駒から乳頭山への縦走を計画していました。ですが,以前にも実施したコースなので,イマイチの意欲。宿もどうも納得できないところばかり。

 そんな時に会の仲間が,三斗小屋温泉の計画書をアップしてきたのでした。そうだ!これだ!と思い立った次第です。以前にもグレートマザーと話題には上がったことがあったので,それではと話は進みました。

 しか〜し,仕事が忙しくついつい予約を忘れてしまい,やっと電話をかけたのは,前日の15時でした!天候もよいので,露天風呂のある煙草屋に電話をすると「もういっぱいです!」と。焦って大黒屋に電話をかけると「ちょっと待ってください。」と,しばらくして「二名なら何とか大丈夫でしょう」との返事。いや〜,焦りました。(しかし,これだけではなかった・・・)

IMG_12482.jpg 


 ということで,久しぶりのトレッキング決定。でも,実情は秘湯が目的でリハビリも兼ねていて,コースはどうでもよかったのが本音。なので,荷物も軽量化というより楽しみをしっかり持って行く方針で準備開始。コーヒーセットは,ミルを持っていくというこだわり。スイーツも・・となれば,荷物は重くなる!なのでリハビリには,ちょっときつかったかな。

 さらに,どうせ15時までに着けばいいのだからと,12時から登り始めてもいいよね?などと言い始める始末。しかし,天気もよいから,眺めの良さそうなコースを歩こうと,自宅を7:00出発。いざ三斗小屋温泉へ。

 順調に白河ICを降りると,結構な車が行くではありませんか!しかし,ほとんどは那須どうぶつ王国が目的。コンビニに寄ろうと思っていたのですが,寄りそびれてかなり上の方に来てしまい,コンビニのためにちょっと下山。ロープウェイ近くに来たのは10:00近くでした。大丸温泉近くの駐車場がやけに多く異様な雰囲気を感じ,そのまま上に・・・。するとロープウェイ駐車場はすでにあふれ,さらにその上の駐車場は・・・(先にきた仲間によると,7:30時点ですでにいっぱいだったとのこと)。これは,もう停められない!帰るしかないかなと諦めて,峠の茶屋の駐車場の列に並びました。しかし,状況がさっぱり分からないので,グレートマザーに運転を任せ偵察に出発。メインの駐車場より1つ下にある駐車場を偵察すると,何と!1つ空いているではありませんか!すぐに戻り,誘導し駐車完了!なんとラッキーだったことか。10:00近くの時間がよかったようです。早朝から山頂を目指した人なら,下山してくる時間ですね。

 で,のんびりと準備をして出発。車の運転も長かったこともあり,調子がなかなか出ない。そうこうしているうちに中の茶屋跡に到着,ここまでくるまでも前後に多くの登山者,さらに下山してくる登山者,本当に多い。多すぎる!


鳥居をくぐって出発

IMG_12222.jpg


中の茶屋跡からの朝日岳方面の眺め。ガスが出始めてしまった!

IMG_12232.jpg 


峰の茶屋跡に向かう途中から中の茶屋跡方面の眺め

IMG_12262.jpg 


 峰の茶屋跡にも順調に来ました。ここでも多くの登山者が休んでいました。最短コースで三斗小屋温泉を目指すと早すぎるので,朝日岳&隠居倉経由で行くことにした。


DSC076952.jpg 


 剣が峰の東側のトラバースは,そこそこ狭く,すれ違いには注意が必要である。剣が峰と朝日岳の稜線を登っている時はよかったが,稜線を越えて,西側をトラーバスするところは,明らかな危険であった。すれ違いはできないし,転落したら大変である。朝日岳周辺の地形から「偽穂高」と言われているとか。ちょっと言い方がよくないと感じた。言われてみれば,そうかもしれないが,せいぜい「プチ穂高」ではだめだろうか。


剣が峰をトラバースして,朝日岳への稜線を越えて,西側をトラバースしているところ

IMG_12282.jpg 


熊見曽根から隠居倉に向かう途中から,朝日岳の方面。トラバースルートがなかなかです。

DSC077062.jpg 

 大朝日岳の分岐では,お昼時ということもあり,大勢で人が休んでいた。なので,まずは山頂に行ってこようと出発。10分ほどで山頂に着いたが,羽蟻みたいなものが大発生!さらに噛むときた!払いながら,写真をあわてて撮り下山開始。朝日岳分岐で昼食タイム。今回は,アルファー米と,天野フーズのフリーズドライメニューを持参。なかなか美味しかったが,作るのに時間がかかってしまった。


山頂表示には人だかり!なので,小さな祠を中心にパノラマ。なかなかの高度感

IMG_12332.jpg 


熊見曽根

IMG_12352.jpg 


 熊見曽根から隠居倉に向かい始めると,救助ヘリが現れた。剣が峰の東側(隠居倉から全然見えない!)を探っている様子である。かなりの時間が過ぎてから,峰の茶屋跡付近に現れたと思ったら,人をピックアップ始めた。

*帰ってから調べたところ,64歳男性転倒して骨折の疑いで救助。通りかかった人が119番通報したとのこと。


熊見曽根から隠居倉方面の眺め

IMG_12362.jpg 


隠居倉近くからの三本槍岳・熊見曽根・朝日岳・茶臼岳

IMG_12392.jpg 


ピックアップ終了して,病院に向かっている救助ヘリ

IMG_12402.jpg 


 隠居倉で,同じルートを歩いていた2人組と逆ルートの単独の方を一緒になった。2人組は目的地が同じ三斗小屋温泉でそれも煙草屋!聞くと予約したのは,昨日の10:00とのこと!ちょっとの差で負けたようであった。ここからの360°の展望は素晴らしかった。たぶん茶臼岳周辺で一番だと思う。

 先にスタートしたが,そこからの下りの長いこと!湯口らしい湯煙が見えたが,そこまでが長かった。湯口からはほぼ平行移動になり,そこから早くなった。


湯口にやっと到着!長かったこと

IMG_12422.jpg 


 大黒屋では,新館の2階の部屋を割り当てられた。六畳であった。お茶セットも置いてあり,こんな山奥で旅館の雰囲気である。夕食は部屋食。可愛らしいおひつにご飯入れられて届けられた。山奥であるからして,そんな豪華な食事ではないが,美味しかった。コンビニで買ってきた唐揚げとチーズを追加。食後にはコーヒーを入れて,スイーツもあって,満足のいく夕食であった。温泉は大風呂と岩風呂である。岩風呂には入らなかったが,かなりぬるいとのこと。1時間ごとに大風呂と岩風呂が男女入れ替えとなる。ちょっと慌ただしい。でも,大風呂は,大きな窓がたくさんあり,すべて開けると開放的で半露天風呂の雰囲気で気持ちがよかった。2度入ってしまった。


泊まった新館。

DSC077182.jpg 

夕食です。可愛らしいおひつで,ご飯が美味しいとうれしい

IMG_12432.jpg 


朝食です。ご飯が進むおかずなのに,ご飯が少ない!

IMG_12442.jpg


 次の日は,6時に起きて,グレートマザーは温泉へ。あとで分かったことだが,男性は5時から入れたとのこと。新館には朝の時間帯の風呂の割り当てが書いてなかったのである!まあ,どっちにしても入らなかったと思う。だって歩くのが辛くなるに決まっているから。

 2日目のルートは,当初牛ヶ首経由を考えたが,最短で行った方がいいだろうとなり,峰の茶屋跡経由山頂とした。案の定,ペースが上がらず,標準タイムを切ることはなく,オーバーして歩くのであった。昨日と違って,ほとんど登山者がいないので,静かな山歩きが楽しめた。峰の茶屋跡に向かうルートの途中にはダケカンバの森があり,ちょっと違う雰囲気を味わえた。


途中の表示にいろいろとこの土地のことが書いてあった。で,この中街道があったということに,驚きだった

IMG_12492.jpg 


峰の茶屋跡下の避難小屋。中を見たかったけど,ある事情で入れなかった〜!

IMG_12562.jpg 


 峰の茶屋跡に近づくと,風が強い!簡単に帽子が飛ばされた。停まっていると身体が冷えてきてしまうので,そそくさと出発。相変わらずペースは上がらず。ここから先は大勢の登山者と一緒である。ここまで多いと,ここは街中か?となってしまいそうだ。


お鉢周りからの朝日岳方面の眺め

IMG_12592.jpg 


ちょっと険しさが分かるようなアングルです

IMG_12612.jpg


山頂の祠の横にある大岩の上からの朝日岳方面の眺め

IMG_12652.jpg


その反対側の眺め

IMG_12662.jpg


 やはり,隠居倉からの眺めが一番である!山頂は噴火口もあるので,眺めがいいところではない。

 ここまでくると,もう考えるのは下山後の温泉のことである。しかし,ここからの下山コースの状況があまりよくなかった!小石というか,砂地のような道で,滑りやすい!踏ん張りが利かない!ということで,2日間で一番きつい道だったような気がする。ロープウェイ山頂駅に着くと,5分もしないで乗ることができた。しかし,5分で950円は高すぎる!はっきり言って500円だと思ってしまった。

 峠の茶屋の駐車場に車を取りに行き向かった温泉は,大丸温泉。グレートマザーが大黒屋の風呂で一緒になった人からの情報で決めたのでした。結果は,大正解。料金は1000円。日帰り温泉は11:30〜14:30。浴用タオル付き。混浴に入る場合の腰巻きタオルは無料貸し出し。で,ここの露天風呂は,川をせき止めて湯船を作っているのです。混浴3つが川沿いに並んでいる状態です。その他に女性専用が二つ,そして各内湯。これで,1000円はお得だと。

 〆は,白河ラーメン!しかし,すでに2時近く。案の定,1軒目閉まっていた!2軒目営業終了,3軒目開いていたけど行列!美味しかったけど,基本私はそんなにラーメンは好きではない。実は,食べられるまでにいろいろとあったのでした。ここでは割愛します。

 今回の山行は,満足の行く内容であった。温泉が目的であったので,あまり茶臼岳周辺の山を調べなかった。いろいろと調べると面白いコースもあり,楽しめそうである。ただ,駐車場の確保は大きな課題である。三斗小屋温泉周辺の歴史を調べてみると,なかなか面白いことが分かった。ここでは書かないが,その歴史に基づいて,また訪れてみたいと思った次第である。


行 程

1日目

峠の茶屋10:4611:05中の茶屋跡→11:32峰の茶屋跡11:3812:13朝日岳分岐→朝日岳→12:35朝日岳分岐13:2013:30熊見曽根→13:57隠居倉14:1514:44湯口→三斗小屋温泉

 

2日目

7:35大黒屋→7:58分岐→8:38避難小屋8:439:03峰の茶屋跡9:109:39茶臼岳周回入口9:439:53山頂9:5910:35山頂駅

 



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

ノルカフェ

ノルカフェ

日常のお遊びの備忘録。とにかく忘れる前に記録する!
トレッキング、沢登り、クライミング、ノルディックウォーキング、バックカントリー、そしてコーヒーを携えて!

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。